« 日立の20代社員、労災認定 子会社出向中、長時間労働などで | トップページ | 仕事に満足している理由、男性は「勤務地」、女性は「勤務時間」が最多 »

2018年11月24日 (土)

長時間労働を生む2交替制夜勤職場の割合が過去最高

 8時間以上の長時間勤務が前提となっている「2交替制夜勤」を行っている職場(2交替病棟)が39.2%と過去最高に──夜勤に従事する看護職員の労働実態が一向に改善されていないことが、日本医労連(森田しのぶ委員長、15万5,000人)の「2018年度夜勤実態調査」で明らかになったとしています。
 集計されたデータからは、全体として夜勤に頼っている状況は変わっておらず、医労連は看護師の増員などによる改善を求めているとのことです。

こちら、長時間労働を生む2交替制夜勤職場の割合が過去最高 日本医労連・2018年度実態調査

|

« 日立の20代社員、労災認定 子会社出向中、長時間労働などで | トップページ | 仕事に満足している理由、男性は「勤務地」、女性は「勤務時間」が最多 »

未分類」カテゴリの記事