« 66歳以上働ける制度のある企業割合、27.6% 厚労省調査 | トップページ | 65歳以降の就労意向があるシニアは31.4% »

2018年11月29日 (木)

「雇用契約・就業規則」に関する相談が急増

 連合は11月15日、「なんでも労働相談ダイヤル」2018年10月分集計結果を発表しました。
 受付件数は1,130件で、前年同月比81件減。
 主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」が153件(13.5%)で8カ月連続で最も多く、「雇用契約・就業規則」(131件・11.6%)、「退職金・退職手続」(90件・8.0%)とともに、前年同月と比べて件数・割合ともに増加しているそうです。

こちら、連合「なんでも労働相談ダイヤル」2018年10月 相談集計報告

|

« 66歳以上働ける制度のある企業割合、27.6% 厚労省調査 | トップページ | 65歳以降の就労意向があるシニアは31.4% »

未分類」カテゴリの記事