« 食品関連企業の景況D.I.は5半期連続で低下 | トップページ | 内定企業に対する初回接触から内定までの合計接触回数は平均4.0回 »

2018年10月25日 (木)

採用選考活動、大企業6月開始、中小企業4月開始が最多

 文部科学省は10月10日、2018年度「就職・採用活動に関する調査」(大学等調査及び企業調査)」結果の速報版を公表しました。
 大学等調査結果によると、学生が内々定を得た時期(大学等の認識)で、最も多かったのは、大企業は6月(44.7%)、中小企業は5月(29.4%)としています。
 また、企業調査結果によると、採用選考活動開始時期で最も多かったのは、大企業は6月(37.3%)、中小企業は4月(27.1%)とのことです。
 6月以降の開始は、大企業39.5%(前年度比3.3ポイント減)、中小企業32.0%(同3.6ポイント減)としています。

こちら、2018年度 就職・採用活動に関する調査結果について(速報版)
 

|

« 食品関連企業の景況D.I.は5半期連続で低下 | トップページ | 内定企業に対する初回接触から内定までの合計接触回数は平均4.0回 »

文科省」カテゴリの記事