« 9月の街角景況感、前月差0.1ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 潜在保育士の6割が保育士として就労を希望 »

2018年10月22日 (月)

現在、1年後の景況感D.I.はともに悪化 日銀の生活意識調査

 日本銀行は10月5日、全国の満20歳以上の個人を対象とした「生活意識に関するアンケート調査」(第75回、2018年9月)結果を公表しました。
 現在の景況感D.I.(「良くなった」から「悪くなった」を減じた値)は、前回調査(2018年6月)から3.4ポイント悪化、1年後については0.5ポイント悪化とのことです。
 景況判断の根拠(2つまでの複数回答)は、「自分や家族の収入の状況から」(61.8%)、「勤め先や自分の店の経営状況から」(32.1%)、「商店街、繁華街などの混み具合をみて」(23.4%)などとしています。

こちら、「生活意識に関するアンケート調査」(第75回<2018年9月調査>)

|

« 9月の街角景況感、前月差0.1ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 潜在保育士の6割が保育士として就労を希望 »

日銀」カテゴリの記事