« 現在、1年後の景況感D.I.はともに悪化 日銀の生活意識調査 | トップページ | 食品関連企業の景況D.I.は5半期連続で低下 »

2018年10月23日 (火)

潜在保育士の6割が保育士として就労を希望

 野村総合研究所は10月3日、全国の保育士資格を持つ女性を対象とした「保育士に関するアンケート調査」結果を発表しました。
 保育士資格があるが現在保育士として働いていない潜在保育士の56.1%が、職種を問わず働いておらず、うち60.5%が今後保育士として働く意欲を持っていることが分かったそうです。
 この保育士として就労意欲を持つ非就労の潜在保育士の多くが、「金銭的報酬の高さ」ではなく、「勤務時間や勤務日など希望に合った働き方で働き始められること」を、保育士として働き始める上で最も重視していることが分かったとのことです。

こちら、潜在保育士の6割が保育士として就労を希望

|

« 現在、1年後の景況感D.I.はともに悪化 日銀の生活意識調査 | トップページ | 食品関連企業の景況D.I.は5半期連続で低下 »

未分類」カテゴリの記事