« 「退職金・退職手続」に関する相談が増加 連合 | トップページ | 三陽商会、希望退職250人 後継ブランド育たず »

2018年10月 6日 (土)

転職に対してポジティブに捉えている人が過半数

 パーソルキャリアは9月19日、20代~60代の会社員を対象にした「転職に対するイメージ」「理想の働き方」についての調査結果を発表しました。
 転職に対するイメージを聞いたところ、56.4%がポジティブと回答したそうです。
 20代(64.2%)が最もポジティブに捉えているそうです。
 理想の働き方について聞いたところ、49.9%が現在の会社で理想の働き方ができていないと回答したとのことです。
 理想の働き方を実現するために求めるものは世代間で違いがあり、20代では「プライベート」を、50代では「仕事へのやりがい」を、それぞれ重視する傾向があるとのことです。

こちら、『転職』がイメチェン?“当たり前”の時代に突入!
 

|

« 「退職金・退職手続」に関する相談が増加 連合 | トップページ | 三陽商会、希望退職250人 後継ブランド育たず »

未分類」カテゴリの記事