« 管理者の「働き方改革」に対する意識 | トップページ | スポーツボランティア休暇制度を導入 GMOペパボ »

2018年9月 3日 (月)

乳がんを罹患したら半数の人が「今の仕事を続けたい」

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は8月20日、「乳がんと就労に関するアンケート」結果を発表しました(20代~50代の有職の女性1,100名を対象)。
 乳がんを罹患したら、半数の人が今の仕事を続けたいと回答したそうです。
 ただし、半数以上の人は今の会社の仕事量・労働環境・労働時間を変えたいと考えているとのことです。
 乳がんを罹患して仕事を続ける場合、不安なことは、20代では「仕事量」、40代では「家庭との両立」としています。

こちら、乳がんと就労に関するアンケートを実施

|

« 管理者の「働き方改革」に対する意識 | トップページ | スポーツボランティア休暇制度を導入 GMOペパボ »

未分類」カテゴリの記事