« 7割強の組合員が迷惑行為遭遇 暴言や威嚇、ストレス深刻 サービス業 | トップページ | 6割の女性が「年下社員との接し方」に悩んだ経験あり »

2018年9月24日 (月)

労働者派遣事業者の倒産件数、2018年は2年連続増加ペースで推移

 帝国データバンクは9月10日、「労働者派遣事業者の倒産動向調査」結果を発表しました。
 2018年1~8月の「労働者派遣業」の倒産件数は、46件(前年同期比2.2%増)としています。
 負債総額は21億5,600万円(同49.6%減)。
 倒産を負債規模別にみると「5,000万円未満」の倒産が69.6%を占めたとのことです。
 小規模倒産の構成比が年々高くなっており、高止まりしているそうです。

こちら、労働者派遣事業者の倒産動向調査(2018年1~8月)
 

|

« 7割強の組合員が迷惑行為遭遇 暴言や威嚇、ストレス深刻 サービス業 | トップページ | 6割の女性が「年下社員との接し方」に悩んだ経験あり »

未分類」カテゴリの記事