« 正社員が不足している企業は50.9%、7月としては過去最高を更新 | トップページ | イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2018 »

2018年9月10日 (月)

第35回勤労者短観「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」

 連合総研は8月30日、第35回勤労者短観「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」(4月調査)報告書全文をHPに掲載しました。
 1年前と比べた景気認識DI値はマイナス5.4で、前回調査(17年10月)のマイナス8.6から改善としています。
 1年後の景気見通しDI値はマイナス10.9で、前回調査のマイナス14.4から改善とのことです。
 「景気が悪化したとの認識はやや弱まる」としています。

こちら、第35回勤労者短観

|

« 正社員が不足している企業は50.9%、7月としては過去最高を更新 | トップページ | イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2018 »

未分類」カテゴリの記事