« 2018年度国家公務員採用一般職試験、女性合格者割合過去最高 | トップページ | 乳がんを罹患したら半数の人が「今の仕事を続けたい」 »

2018年9月 2日 (日)

管理者の「働き方改革」に対する意識

 日本能率協会は8月16日、「管理者の『働き方改革』に対する意識アンケート」結果を発表しました。
 働き方改革の取組みによる変化について、進んでいるものは「有給休暇の取得奨励」(62.2%)、「自身の有給休暇の取りやすさ」(49.0%)、「部下との活発なコミュニケーション」(47.6%)などとしています。
 一方、進んでいないものは、「会議・打ち合わせの時間短縮」(50.3%)、「福利厚生の充実化」(49.7%)などとのことです。
今後の課題としては、「働く喜びの実感」(44.1%)、「部下のモチベーション向上」
(38.5%)などだそうです。

こちら、管理者の「働き方改革」に対する意識アンケート
 

|

« 2018年度国家公務員採用一般職試験、女性合格者割合過去最高 | トップページ | 乳がんを罹患したら半数の人が「今の仕事を続けたい」 »

未分類」カテゴリの記事