« 特集「貧困の連鎖は断ち切れるのか~現状からの脱却のために~」 『DIO』6月号 | トップページ | 中小企業の景況、0.3ポイント改善 »

2018年7月11日 (水)

2018年度の業績見通し、「増収」を見込む中小企業は36.6%

 東京商工リサーチは6月21日、2018年度「業績見通し」に関するアンケート調査結果を発表しました。
 18年度に「増収」を見込む中小企業は36.6%、大企業は44.0%としています。
 「減収」を見込む企業のうち24.2%が「人手不足による生産性の低下」を理由に挙げており、大企業・中小企業ともに「人手不足」が大きな経営課題だとしています。

こちら、2018年度「業績見通し」に関するアンケート調査

|

« 特集「貧困の連鎖は断ち切れるのか~現状からの脱却のために~」 『DIO』6月号 | トップページ | 中小企業の景況、0.3ポイント改善 »

中小企業」カテゴリの記事