« 「日本でも導入できそうな他国の働き方」1位はオランダの「時間貯蓄制度」 | トップページ | 課長以上を目指す女性が41.1% »

2018年7月 1日 (日)

志望動機は「公共のために」が約7割 人事院調査

 人事院は6月14日、「国家公務員総合職試験等からの新規採用職員に対するアンケート調査」結果を公表しました。
 志望動機は「公共のために」70.0%、「仕事にやりがい」63.3%などとしています。
 「国家公務員としていつまで働きたいか」については、「定年まで公務員を続けたい」46.2%、「長期間勤めてから転職を考えたい」21.2%などとのことです。

こちら、総合職試験等からの新規採用職員に対するアンケート調査
 

|

« 「日本でも導入できそうな他国の働き方」1位はオランダの「時間貯蓄制度」 | トップページ | 課長以上を目指す女性が41.1% »

人事院」カテゴリの記事