« 「農の雇用事業」の募集を開始 農水省 | トップページ | 最低賃金上げ、議論開始 厚労省審議会、地方格差どう是正 »

2018年7月16日 (月)

働き方は人並みで十分 61.6%

 日本生産性本部は6月21日、2018年度新入社員「働くことの意識」調査結果を発表しました。
 「人並み以上に働きたいか」尋ねたところ、「人並みで十分」が61.6%(前年度比4ポイント増)で過去最高を更新、一方「人並み以上に働きたい」は31.3%(同3.6%ポイント減)だったそうです。

こちら、平成30年度 新入社員 働くことの意識調査結果

|

« 「農の雇用事業」の募集を開始 農水省 | トップページ | 最低賃金上げ、議論開始 厚労省審議会、地方格差どう是正 »

未分類」カテゴリの記事