« 課長以上を目指す女性が41.1% | トップページ | ポーラ、再雇用の年齢制限撤廃 »

2018年7月 3日 (火)

首都直下地震の被害想定の認知度は52.7%

 東京商工会議所は6月14日、「会員企業の防災対策に関するアンケート」2018年調査結果を発表しました。
 首都直下地震の被害想定の認知度は52.7%(対前年度調査比3.8ポイント増)、BCP(事業継続計画)策定率は27.7%。従業員規模が小さくなるほど策定率は低いとしているそうです。

こちら、「会員企業の防災対策に関するアンケート」2018年調査結果
 

|

« 課長以上を目指す女性が41.1% | トップページ | ポーラ、再雇用の年齢制限撤廃 »

未分類」カテゴリの記事