« 正社員給与、40代だけ減少 昇進遅れが背景 5年前と比較 内閣府 | トップページ | 「農の雇用事業」の募集を開始 農水省 »

2018年7月14日 (土)

「生活保護受給世帯出身の大学生等の生活実態の調査・研究」結果

 厚生労働省は6月25日、「生活保護受給世帯出身の大学生等の生活実態の調査・研究」
委託事業の結果を公表しました。
 高校2年生までに約60%の生徒が大学等への進学を考え始めていること、進学後は約87%が奨学金を利用していることなどがわかったとしています。
 また、受験勉強中のアルバイトの有無は、「していなかった」47.6%、「受験前から
変わらずしていた」24.1%などとのことです。

こちら、「生活保護受給世帯出身の大学生等の生活実態の調査・研究」

|

« 正社員給与、40代だけ減少 昇進遅れが背景 5年前と比較 内閣府 | トップページ | 「農の雇用事業」の募集を開始 農水省 »

厚生労働省」カテゴリの記事