« 2017年職場での熱中症死傷者数、544人 厚労省 | トップページ | 現金給与総額、前年同月比0.8%増 2018年4月毎勤統計 »

2018年6月16日 (土)

出生数は過去最少、出生率1.43で2年連続低下 2017年人口動態統計

 厚生労働省は6月1日、2017年「人口動態統計月報年計(概数)」結果を公表しました。
 合計特殊出生率は1.43で、対前年比0.01ポイント低下とのことです。
 出生数は94万6,060人で過去最少(同3万918人減少)、死亡数は134万433人で戦後最多(同3万2,685人増加)となり、自然増減数(出生数と死亡数の差)はマイナス39万4,373人と過去最大の減少幅としています。

こちら、平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)

|

« 2017年職場での熱中症死傷者数、544人 厚労省 | トップページ | 現金給与総額、前年同月比0.8%増 2018年4月毎勤統計 »

厚生労働省」カテゴリの記事