« 4月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質1.3%減 家計調査報告 | トップページ | ミドルの68%が「転職後にギャップがあった」 »

2018年6月19日 (火)

「21世紀出生児縦断調査」第7回(2010年出生児)結果を公表 厚労省

 厚生労働省は5月30日、「21世紀出生児縦断調査(2010年出生児)」の第7回(2017年)の結果を公表しました。
 10年の出生児の実態及び経年変化の状況を継続的に観察するとともに、01年と10年の出生児の比較により、少子化対策などの基礎資料を得ることが目的としています。
 母の有職割合をみると、10年出生児は第7回で67.2%となり、01年出生児の第7回(55.8%)に比べて11.4ポイント高いとのことです。

こちら、第7回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)
 

|

« 4月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質1.3%減 家計調査報告 | トップページ | ミドルの68%が「転職後にギャップがあった」 »

厚生労働省」カテゴリの記事