« 育休取得者割合、女性83.2%、男性5.14% 2017年度雇用均等基本調査 | トップページ | 高年齢者雇用のメリットは「経験・知識の活用」 »

2018年6月12日 (火)

消費者態度指数43.8、前月差0.2ポイント上昇 5月消費動向調査

 内閣府は5月30日、2018年5月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 「消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月から0.2ポイント上昇して43.8としています。
 6か月ぶりに前月を上回った。
 消費者マインドの基調判断は「弱含んでいる」に据置きとのことです。

こちら、消費動向調査(平成 30 年5月実施分)調査結果の要点
 

|

« 育休取得者割合、女性83.2%、男性5.14% 2017年度雇用均等基本調査 | トップページ | 高年齢者雇用のメリットは「経験・知識の活用」 »

内閣府」カテゴリの記事