« 看護師ら12%セクハラ被害 半数が「患者側から」 労組調査 | トップページ | 石綿遺族が国提訴 労災記録開示求め 大阪地裁 »

2018年5月25日 (金)

老舗企業の倒産・休廃業・解散、2017年度は461件で最多

 帝国データバンクは5月10日、「老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査」結果を発表しました。
 業歴100年以上の老舗企業の倒産・休廃業・解散件数のうち、2017年度は461件(前年度比2.2%増)発生し、過去最多を更新したとしています。
 業種細分類別にみると、17年度で最も多かったのは「ホテル・旅館」の18件、次いで、「酒小売業」(17件)、「貸事務所業」(16件)などとのことです。

こちら、老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査

|

« 看護師ら12%セクハラ被害 半数が「患者側から」 労組調査 | トップページ | 石綿遺族が国提訴 労災記録開示求め 大阪地裁 »

経済」カテゴリの記事