« 新入社員の初任給、39.7%が「全学歴引き上げ」 | トップページ | 4月の街角景況感、前月差0.1ポイント上昇 景気ウォッチャー調査 »

2018年5月18日 (金)

将来不安を「感じる」が62.0% 連合総研・勤労者短観

 連合総研は4月27日、第35回「勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)」調査結果を発表しました。
 自身や家族の暮らしについて、将来不安を「感じる」が62.0%としています。
 将来不安を感じる要因は、「貯蓄額の不足」(54.2%)や「年金受給額の低下」(42.2%)などだそうです。

こちら、「勤労者の仕事とくらしについてのアンケート調査」2018年4月実施
 

|

« 新入社員の初任給、39.7%が「全学歴引き上げ」 | トップページ | 4月の街角景況感、前月差0.1ポイント上昇 景気ウォッチャー調査 »

未分類」カテゴリの記事