« 労働基準監督署に「労働時間改善指導・援助チーム」を編成 厚労省 | トップページ | 『日本の統計2018』『世界の統計2018』をホームページに掲載 総務省 »

2018年4月 2日 (月)

正社員への登用制度がある事業所割合、72%  労働経済動向調査

 厚生労働省は3月27日、「労働経済動向調査」(2018年2月)結果を公表しました。
 正社員への「登用制度あり」は「調査産業計」で72%としています。 
 制度の有無にかかわらない過去1年間の登用実績は55%(うち「制度あり」46%、「制度なし」9%)だそうです。
 制度はあるが、過去1年間実績がない理由(複数回答)は「正社員を募集(又は必要と)した」が72%だったにもかかわらず、「正社員以外の労働者から応募がなかった」が41%で最多とのことです。有効回答2,674事業所。

こちら、労働経済動向調査(平成 30 年2月)の結果

|

« 労働基準監督署に「労働時間改善指導・援助チーム」を編成 厚労省 | トップページ | 『日本の統計2018』『世界の統計2018』をホームページに掲載 総務省 »

厚生労働省」カテゴリの記事