« 2017年末の在留外国人数は、過去最高の約256万人 法務省 | トップページ | 「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」 厚労省 »

2018年4月16日 (月)

雇用人員判断DI、2ポイント減のマイナス34 日銀3月短観

 日本銀行は4月2日、3月の「全国企業短期経済観測調査」(短観)結果を公表しました。
 雇用人員判断DI(「過剰」と答えた企業から「不足」とした企業の割合を引いた値)は
マイナス34(全産業全規模合計)で、前回調査(12月)から2ポイント低下したそうです。

こちら、短観(2018年3月)

|

« 2017年末の在留外国人数は、過去最高の約256万人 法務省 | トップページ | 「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」 厚労省 »

日銀」カテゴリの記事