« 2月の街角景況感、前月差1.3ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 「地域における人材確保ノウハウブック」と「ジモトではたらく」を公表 復興庁 »

2018年3月22日 (木)

「雇用契約・就業規則」に関する相談が最多 連合「労働相談」

 連合は、2月8日から3月10日に「STOP 雇止め・雇用不安!全国一斉集中労働相談ホットライン」を実施、8日集計結果を発表しました。
 相談件数は786件。業種別では「製造業」(16.6%)、「医療・福祉」(16.0%)などが上位としています。
 相談内容は「雇用契約・就業規則」(18.8%)が最も多く、次いで「解雇・退職強要・契約打切」(10.7%)、「パワハラ・嫌がらせ」(10.3%)などと続くそうです。

こちら、STOP 雇止め・雇用不安!全国一斉集中労働相談ホットライン

|

« 2月の街角景況感、前月差1.3ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 「地域における人材確保ノウハウブック」と「ジモトではたらく」を公表 復興庁 »

未分類」カテゴリの記事