« 2017年9月の総人口、前年同月比22万5,000人減 総務省人口推計 | トップページ | AIの導入で「自分の仕事が変わる」、3人に2人が予想 連合調査 »

2018年3月 6日 (火)

二人以上世帯の1世帯当たり1カ月平均消費支出、前年同期比実質0.5%増

 総務省は2月16日、「家計調査報告(家計収支編)2017年10~12月期平均速報」結果を公表しました。
 二人以上世帯の1世帯当たり1カ月平均消費支出は29万4,130円で、前年同期比実質0.5%増加としています。
 勤労者世帯1世帯当たり(二人以上世帯)の1カ月平均実収入は62万8,492円で、同実質1.5%の増加とのことです。
 同時に公表された「2017年平均速報」結果によると、二人以上世帯の1世帯当たりの1カ月平均消費支出は28万3,027円、同実質0.3%減少で、4年連続の減少だそうです。

こちら、17年10~12月期平均速報

こちら、17年平均速報

|

« 2017年9月の総人口、前年同月比22万5,000人減 総務省人口推計 | トップページ | AIの導入で「自分の仕事が変わる」、3人に2人が予想 連合調査 »

総務省」カテゴリの記事