« 本社が入居する施設内に企業内保育所を開設 ヤフー | トップページ | ファンケル、契約社員を無期労働契約へ 4月以降 »

2018年2月12日 (月)

外国人労働者約128万人、届出義務化以来最高を更新 厚労省

 厚生労働省は1月26日、外国人雇用についての事業主からの届出状況を公表しました。
 2017年10月末現在127万8,670人で、前年同期比19万4,901人(18.0%)増加したそうです。
 2007年に届出が義務化されて以来、過去最高を更新とのことです。
 国籍別では、中国が最多で37万2,263人(全体の29.1%)、ベトナム24万259人(同18.8%)、フィリピン14万6,798人(同11.5%)などとしています。

こちら、「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在)

|

« 本社が入居する施設内に企業内保育所を開設 ヤフー | トップページ | ファンケル、契約社員を無期労働契約へ 4月以降 »

厚生労働省」カテゴリの記事