« おめでとうございます | トップページ | 時間外労働、過少申告 柏崎審査対応で17人 東電 »

2018年1月 2日 (火)

2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料

 帝国データバンクは14日、「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」結果を発表しました。 
 2018年景気への懸念材料として「人手不足」が47.9%と最高、次いで「原油・素材価格(上昇)」「消費税制」と続くとしています。
 景気回復のために必要な政策として、正社員が「不足」している企業では3社に1社が「雇用対策」を求めているそうです。

こちら、2018年の景気見通しに対する企業の意識調査

|

« おめでとうございます | トップページ | 時間外労働、過少申告 柏崎審査対応で17人 東電 »

経済」カテゴリの記事