« いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査結果 厚労省 | トップページ | 第11回「ひとり親家庭への支援施策の在り方に関する専門委員会」資料 厚労省 »

2018年1月20日 (土)

「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」、「妥当」と答申 労政審

 労働政策審議会(会長:樋口美雄・慶應義塾大学商学部教授)は2017年12月27日、「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」に対し、「妥当」と答申しました。
 厚生労働省はこの答申を踏まえ、速やかに省令の制定に向けた作業を進め、2018年4月の施行を予定としています。
 改正案のポイントは「准救急隊員について、労働基準法第34条第3項に定める休憩時間の自由利用の適用から除外すること」とのことです。

こちら、「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」

|

« いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査結果 厚労省 | トップページ | 第11回「ひとり親家庭への支援施策の在り方に関する専門委員会」資料 厚労省 »

厚生労働省」カテゴリの記事