« 被保護実人員は212万5,803人、前年同月比で減少 9月被保護者調査 | トップページ | 民間企業の雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新 »

2017年12月21日 (木)

「働き方改革」に向け職場に望むこと、男女とも「有休」がトップ

 日本能率協会は12月4日、「第8回『ビジネスパーソン1000人調査』(働き方改革編)」結果を発表しました。
 『「働き方改革」に向け、今後どのようなことに重点をおいてほしいか』との問いに、「有給休暇取得の推奨」(33.0%)が最多、次いで、「長時間労働の是正」(26.9%)、「管理者の意識改革」(20.0%)などとのことです。

こちら、第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】結果

|

« 被保護実人員は212万5,803人、前年同月比で減少 9月被保護者調査 | トップページ | 民間企業の雇用障害者数、実雇用率ともに過去最高を更新 »

未分類」カテゴリの記事