« 本社事業所・主要事業所内の喫煙状況、全面禁煙は約22% | トップページ | 2017年版「厚生労働白書」を公表 厚労省 »

2017年11月 5日 (日)

フクダ電子子会社、二審も敗訴 女性社員へのパワハラ認定 東京高裁

 医療機器製造フクダ電子(東京都)の子会社に勤務していた40~50代の女性社員4人がパワハラで退職に追い込まれたとして、フクダ電子長野販売(松本市)と代表者の男性に約1,700万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(畠山稔裁判長)は10月18日、同社側に計約350万円の賠償を命じた一審判決を変更し、計約660万円の支払いを命じました。

こちら、フクダ電子子会社、二審も敗訴 女性社員へのパワハラ認定 東京高裁

|

« 本社事業所・主要事業所内の喫煙状況、全面禁煙は約22% | トップページ | 2017年版「厚生労働白書」を公表 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事