« 職場におけるハラスメント対策マニュアルをホームページに掲載 厚労省 | トップページ | 70歳以上まで働ける企業割合、22.6% 厚労省調査 »

2017年11月 9日 (木)

二審もさいたま市に賠償命令 パワハラで職員自殺 東京高裁

 さいたま市職員だった男性=当時(41)=が自殺したのは、指導係によるパワハラが原因だとして、両親が同市に約6,600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(阿部潤裁判長)は10月26日、市に約1,320万円の賠償を命じた一審さいたま地裁判決を変更し、約1,920万円の支払いを命じました。

こちら、二審もさいたま市に賠償命令 パワハラで職員自殺 東京高裁

|

« 職場におけるハラスメント対策マニュアルをホームページに掲載 厚労省 | トップページ | 70歳以上まで働ける企業割合、22.6% 厚労省調査 »

未分類」カテゴリの記事