« 東電福島第一原発労働者対策関連情報をホームページに掲載 厚労省 | トップページ | ソフトバンク、11月から副業解禁 全社員1万8,000人が対象 »

2017年10月30日 (月)

相談内容、「職場の悩み」が38.9%で最多 「働く人の電話相談室」

 日本産業カウンセラー協会は10月11日、連合と協力して9月8日から10日まで開設した第11回「働く人の電話相談室」の結果を発表しました。
 集計総数は940件。
 相談内訳は、「職場の悩み」が全体の約38.9%で最多としています。
 「職場の悩み」の内訳別にみると、「人間関係」31.7%、「労働条件・待遇」20.8%等とのことです。
 「労働条件・待遇」は昨年比約2.6倍だそうです。

こちら、第11回 「働く人の電話相談室」結果報告

|

« 東電福島第一原発労働者対策関連情報をホームページに掲載 厚労省 | トップページ | ソフトバンク、11月から副業解禁 全社員1万8,000人が対象 »

未分類」カテゴリの記事