« 西日本高速を書類送検 過労自殺、違法残業の疑い 労基署 | トップページ | 2016年「個人企業経済調査(構造編)」結果を公表 総務省 »

2017年7月23日 (日)

「ハローワーク求人票の内容が実際と異なる」、3,608件 厚労省まとめ

 厚生労働省は7月7日、2016年度「ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を公表しました。
 2016年度の件数は9,299件で、前年度比15.0%減としています。
 このうち、「求人票の内容が実際と異なる」件数は3,608件とのことです。
 ハローワークによる是正指導の結果、「求人票の内容を変更」982件、「求人票に合わせ労働条件等を変更」196件だったそうです。

こちら、平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違

|

« 西日本高速を書類送検 過労自殺、違法残業の疑い 労基署 | トップページ | 2016年「個人企業経済調査(構造編)」結果を公表 総務省 »

厚生労働省」カテゴリの記事