« 「人並みに働き、楽しい生活をしたい」志向強まる 新入社員意識調査 | トップページ | 精神障害の労災請求件数1,586件、前年度比71件増 厚労省 »

2017年7月18日 (火)

「プレミアムフライデー」の認知率約9割、「賛成」は約半数 推進協議会調査

 プレミアムフライデー推進協議会事務局は6月22日、全国の20~50代有職者を対象とした「プレミアムフライデー」意識調査の結果を発表しました。
 「知っている」は89.2%、「賛成(+ある程度)」は46.5%としています。
 勤務先に導入されている「働き方改革」の取組としては、21.2%で第3位(1位「ノー残業デー」78.3%、2位「フレックスタイム勤務制度」29.5%)とのことです。有効回答数2,015人。

こちら、 第1回から第4回「プレミアムフライデー」 意識調査
 

|

« 「人並みに働き、楽しい生活をしたい」志向強まる 新入社員意識調査 | トップページ | 精神障害の労災請求件数1,586件、前年度比71件増 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事