« 民事上の個別労働紛争相談内容、「いじめ・嫌がらせ」5年連続トップ 厚労省 | トップページ | 2017年1月の総人口、前年同月比20万6,000人減 総務省人口推計 »

2017年7月 7日 (金)

織拡大の取組対象、「パートタイム労働者」等の割合が上昇 厚労省調査

 厚生労働省は6月20日、2016年「労働組合活動等に関する実態調査」結果を公表しました。
 組織拡大の取組対象として最も重視している労働者の種類は、「新卒・中途採用の正社員」47.1%(2013年調査:36.7%)、「パートタイム労働者」17.8%(同13.2%)とのことです。
 「組合加入資格がある」について、正社員以外の労働者を種類別にみると「パートタイム」32.3%、「有期契約」35.6%、「派遣」11.1%、「嘱託」30.7%としています。

こちら、平成 28 年「労働組合活動等に関する実態調査」の結果

|

« 民事上の個別労働紛争相談内容、「いじめ・嫌がらせ」5年連続トップ 厚労省 | トップページ | 2017年1月の総人口、前年同月比20万6,000人減 総務省人口推計 »

厚生労働省」カテゴリの記事