« 消費者態度指数、前月差0.1ポイント低下 2月消費動向調査 | トップページ | 現金給与総額、前年同月比0.5%増 2017年1月毎勤統計 »

2017年3月19日 (日)

外国人研修生等受入れ、239機関に「不正行為」 法務省公表

 法務省は3月8日、2016年に外国人の研修・技能実習の適正な実施を妨げる「不正行為」を行ったと認められる旨を通知した受入れ機関数は239機関だったと公表しました。
 「不正行為」総数383件を類型別にみると、「労働時間や賃金不払等に係る労働関係法令違反」が134件(35.0%)で最多としています。
 「『不正行為』隠蔽目的での偽変造文書等の行使又は提出等」94件(24.5%)、「申請内容と異なる他機関に技能実習を実施させたこと等」51件(13.3%)とのことです。

こちら、平成28年の「不正行為」について
 

|

« 消費者態度指数、前月差0.1ポイント低下 2月消費動向調査 | トップページ | 現金給与総額、前年同月比0.5%増 2017年1月毎勤統計 »

未分類」カテゴリの記事