« 評価制度の仕組み等、従業員に「公開」企業は85.0% | トップページ | 「セクハラ・パワハラ等」に関する相談が最多 連合「労働相談ダイヤル」(1月) »

2017年3月10日 (金)

2015年の年休取得日数は8.8日、取得率48.7% 就労条件総合調査

 厚生労働省は2月28日、2016年「就労条件総合調査」結果を公表しました。
 2015年1年間の年次有給休暇の取得日数は8.8日(前年8.8日)で、取得率は48.7%(同47.6%)としています。
 企業規模別にみると、「1,000人以上」の54.7%(同52.2%)から、「30~99人」の43.7%(同43.2%)まで順次減少とのことです。
 調査対象は常用労働者30人以上の民営企業6,310企業で、有効回答は4,520企業。

こちら、平成28年就労条件総合調査 結果の概況

|

« 評価制度の仕組み等、従業員に「公開」企業は85.0% | トップページ | 「セクハラ・パワハラ等」に関する相談が最多 連合「労働相談ダイヤル」(1月) »

厚生労働省」カテゴリの記事