« 60歳以降も働いている理由、「現在の生活維持」が男女とも1位 | トップページ | 2016年12月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.2%下落 »

2017年2月 5日 (日)

2017年度の年金額、0.1%引下げ 厚労省公表

 厚生労働省は1月27日、2017年度の年金額改定について、「法律の規定により、2016年度から0.1%の引下げ」になると公表しました。
 同日公表の「2016年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)が、対前年比0.1%下落したことを踏まえたものとしています。

こちら、平成 29 年度の年金額改定 年金額は昨年度から 0.1%の引下げ

|

« 60歳以降も働いている理由、「現在の生活維持」が男女とも1位 | トップページ | 2016年12月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.2%下落 »

厚生労働省」カテゴリの記事