« 正社員、パートとも全産業で「不足超過」 「労働経済動向調査」 | トップページ | 「サービス業」からの相談割合が増加 連合「労働相談ダイヤル」 »

2016年12月26日 (月)

「一部業種に足踏みが見られるが持ち直しの動き」 中小企業景況調査

 中小企業庁は12月13日、独立行政法人中小企業基盤整備機構が全国の中小企業約1万9,000社を対象に、四半期ごとに実施している「中小企業景況調査」の2016年10~12月期の結果を公表しました。
 それによると、全産業の業況判断DIは、前期差0.5ポイント減のマイナス18.7で、2期ぶりにやや低下したそうです。
 中小企業の業況は、「一部業種に足踏みが見られるものの、持ち直しの動きを示している」とのことです。

こちら、第146回中小企業景況調査(2016年10-12月期)の結果

|

« 正社員、パートとも全産業で「不足超過」 「労働経済動向調査」 | トップページ | 「サービス業」からの相談割合が増加 連合「労働相談ダイヤル」 »

中小企業」カテゴリの記事