« 70歳以上まで働ける企業割合、21.2% 厚労省調査 | トップページ | ポータルサイト「スタートアップ労働条件」を開設 厚労省 »

2016年11月 9日 (水)

旧姓の通称使用、「したいと思わない」62.1% 内閣府・世論調査

 内閣府は10月31日、「男女共同参画社会に関する世論調査」結果を公表しました。
 結婚して戸籍上の名字(姓)が変わった場合、働く際の旧姓の通称使用について、「使用したい」31.1%、「使用したいと思わない」62.1%。性・年齢別に見ると、「使用したい」は男性の18~29歳から50歳代で、「使用したいと思わない」は女性の50歳代から70歳以上で、それぞれ高いとのことです。有効回収数は3,059人(回収率61.2%)。

こちら、男女共同参画社会に関する世論調査

|

« 70歳以上まで働ける企業割合、21.2% 厚労省調査 | トップページ | ポータルサイト「スタートアップ労働条件」を開設 厚労省 »

内閣府」カテゴリの記事