« ポータルサイト「スタートアップ労働条件」を開設 厚労省 | トップページ | 消費者態度指数42.3、前月差0.7ポイント低下 10月消費動向調査 »

2016年11月11日 (金)

勤め先が「ブラック企業」との認識、24.6% 連合総研・勤労者短観

 連合総研は10月28日、第32回「勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)」調査結果を発表しました。
 勤め先が「ブラック企業」だと「思う」人は24.6%。年代別では、30代男性33.1%、20代男性32.4%などとしています。
 うち過去6カ月間に長時間労働が原因で体調を崩した経験がある割合は、ブラック企業
だと「思う」正社員で33.7%、非正社員で24.4%とのことです。

こちら、勤労者の仕事とくらしについてのアンケート調査

|

« ポータルサイト「スタートアップ労働条件」を開設 厚労省 | トップページ | 消費者態度指数42.3、前月差0.7ポイント低下 10月消費動向調査 »

未分類」カテゴリの記事