« 「ブラック求人」体験談をツイッターで募集 連合 | トップページ | 「三酸化二アンチモン」についての報告書を公表 厚労省 »

2016年10月24日 (月)

残業2時間以上の4人に1人が「精神面で不調を感じる」

 日本能率協会が10月12日発表した、「第7回『ビジネスパーソン1000人調査』(仕事と健康編)」によると、残業による私生活への影響は、「趣味の時間が減った」28.4%、「睡眠不足」25.1%、「食生活が乱れた」22.2%などとのことです。
 1日あたりの平均残業時間別にみると、2時間以上3時間未満の人の25.3%、3時間以上の人の25.0%が、精神面で不調を感じているそうです。

こちら、第7回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と健康編】

|

« 「ブラック求人」体験談をツイッターで募集 連合 | トップページ | 「三酸化二アンチモン」についての報告書を公表 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事