« 最賃改定に伴い、給与体系を「見直し・検討中」企業は35.0% | トップページ | 新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況を公表 厚労省 »

2016年10月31日 (月)

相談内容、「職場の悩み」が35.2%で最多 「働く人の電話相談室」

 日本産業カウンセラー協会は10月17日、連合と協力して9月9日から11日まで開設した第10回「働く人の電話相談室」の結果を発表しました。
 集計総数は756件。
 相談内訳は、「職場の悩み」が全体の約35.2%で最多としています。
 「職場の悩み」の内訳別にみると、「人間関係」39.8%、「パワハラ」21.4%などとのことです。

こちら、第 10 回 「働く人の電話相談室」結果報告

|

« 最賃改定に伴い、給与体系を「見直し・検討中」企業は35.0% | トップページ | 新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況を公表 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事