« 「三酸化二アンチモン」についての報告書を公表 厚労省 | トップページ | 関電課長が過労自殺 高浜原発の審査対応、労災認定 福井 »

2016年10月26日 (水)

勤務間インターバルと36協定の上限規制の導入求める 連合

 連合(神津里季生会長、689万人)は第73回中央委員会を10月14日に福島市で開催し、向こう1年間の活動計画などを決めました。
 同計画では政府の方針では不十分だとして貧困や社会的排除、また長時間労働の是正などの具体的な課題について、国会の動向もにらみつつ総がかりで取り組むとしています。
 安倍内閣が最大のチャレンジと位置づける「働き方改革」に関しては、すべての労働者を対象とする「休息時間(勤務間インターバル)規制」や特別条項付き36協定における上限時間規制の導入などの法改正に取り組むそうです。

こちら、勤務間インターバルと36協定の上限規制の導入求める
http://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20161019.html

|

« 「三酸化二アンチモン」についての報告書を公表 厚労省 | トップページ | 関電課長が過労自殺 高浜原発の審査対応、労災認定 福井 »

未分類」カテゴリの記事