« 正社員、パートとも全ての産業で「不足超過」 「労働経済動向調査」 | トップページ | 2015年「社会福祉施設等調査」結果 厚労省まとめ »

2016年9月25日 (日)

第1子出産前後の妻の就業継続率、53.1%に上昇 第15回「出生動向基本調査」

 国立社会保障・人口問題研究所は15日、「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」結果概要を公表しました。
 それによると、夫婦の完結出生児数(最終的な出生子ども数の平均値)は前回調査に引き続き2人を下回り、1.94とのことです人。
 第1子出産前後の妻の就業継続率はこれまで4割前後で推移してきたが、2010~14年では53.1%へと上昇したそうです。

こちら、第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)  

|

« 正社員、パートとも全ての産業で「不足超過」 「労働経済動向調査」 | トップページ | 2015年「社会福祉施設等調査」結果 厚労省まとめ »

未分類」カテゴリの記事