« 2016年4月以降の主な制度変更をホームページに掲載 厚労省 | トップページ | 長崎県に賠償命令 元臨時職員の雇用形態、一部違法 地裁 »

2016年4月17日 (日)

HIV休職指示、違法確定 勤務病院に賠償命令 最高裁

 エイズウイルス(HIV)に感染した看護師が、勤務先の病院で本人の同意なく感染情報が共有され、上司から休職を指示されたのは違法として、病院を経営する福岡県の医療法人に損害賠償を求めた訴訟で、違法と認めた二審判決が確定しました。
 最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が3月29日付で医療法人側の上告を退ける決定をしました。

こちら、HIV休職指示、違法確定 勤務病院に賠償命令 最高裁

|

« 2016年4月以降の主な制度変更をホームページに掲載 厚労省 | トップページ | 長崎県に賠償命令 元臨時職員の雇用形態、一部違法 地裁 »

未分類」カテゴリの記事