« HIV休職指示、違法確定 勤務病院に賠償命令 最高裁 | トップページ | 4,790事業場で違法な時間外労働を摘発 厚労省 »

2016年4月18日 (月)

長崎県に賠償命令 元臨時職員の雇用形態、一部違法 地裁

 長崎県の臨時職員だった40代女性が、県が雇用主を短期間に繰り返し切り替えたのは違法として、県に損害賠償を求めた訴訟の判決が3月29日、長崎地裁でありました。
 田中俊行裁判長は女性の訴えを一部認め、県に40万円の支払いを命じています。

こちら、長崎県に賠償命令 元臨時職員の雇用形態、一部違法 地裁

|

« HIV休職指示、違法確定 勤務病院に賠償命令 最高裁 | トップページ | 4,790事業場で違法な時間外労働を摘発 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事