« 2016年1~3月期の景況判断、いずれの企業規模も「下降」超 | トップページ | 社員自殺で1億円支払い イビデン、訴訟で争わず 岐阜地裁 »

2016年3月21日 (月)

消費者態度指数40.1、前月差2.4ポイント低下 2月消費動向調査

 内閣府は3月8日、2016年2月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 それによると、一般世帯の「消費者態度指数(季節調整値)」は、前月差2.4ポイント低下し40.1としています。2カ月連続で前月を下回った。
 消費者マインドは、「足踏みがみられる」とのことです。

こちら、2016年2月の「消費動向調査」結果

|

« 2016年1~3月期の景況判断、いずれの企業規模も「下降」超 | トップページ | 社員自殺で1億円支払い イビデン、訴訟で争わず 岐阜地裁 »

内閣府」カテゴリの記事