« 2017年3月卒予定学生、2月1日時点で約4割が応募・選考段階 | トップページ | 2月の街角景況感、前月比2.0ポイント低下 景気ウォッチャー調査 »

2016年3月13日 (日)

国内出張時の宿泊料、超過額補償措置を取る企業は7割

 労務行政研究所は2月25日、「国内出張時の宿泊料に関する緊急アンケート」調査結果を発表しました。
 最近のホテル代の高騰等について、82.0%が「認識」と回答したそうです。
 所定の宿泊料で賄えなかった場合、「やむを得ない場合は、超過額を実費補償している」は73.8%とのことです。

こちら、国内出張時の宿泊料に関する緊急アンケート

|

« 2017年3月卒予定学生、2月1日時点で約4割が応募・選考段階 | トップページ | 2月の街角景況感、前月比2.0ポイント低下 景気ウォッチャー調査 »

賃金・給与・賞与」カテゴリの記事