« 希望・早期退職者募集実施企業は32社 | トップページ | 2015年の休廃業・解散件数、2万6,699件 »

2016年2月 6日 (土)

所定外労働、3人に1人は賃金不払い 連合総研調査

 連合総研は22日、「第30回『勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート』調査報告書」をホームページに掲載しました。
 「勤労者の景況感や物価、仕事に関する意識」「労働時間についての意識と実態」「東日本大震災前後と現在の勤労者の意識・行動の変化」などがテーマとしています。
 それによると、所定外労働を行った3人に1人に賃金不払い残業があり、20代では男女とも4割超。賃金不払い残業時間の平均は月18.1時間とのことです。

こちら、第30回「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」報告書

|

« 希望・早期退職者募集実施企業は32社 | トップページ | 2015年の休廃業・解散件数、2万6,699件 »

賃金・給与・賞与」カテゴリの記事