« 「未内定就活生への集中支援2016」を実施 厚労省・文科省・経産省 | トップページ | 2015年12月の完全失業率3.3%、前月と同率 労働力調査 »

2016年1月29日 (金)

労務単価4.9%上げ 実勢賃金反映、5年連続増 国交省

 国土交通省は1月20日、公共工事の予定価格算出に用いる建設労働者の1日当たりの基準賃金「公共工事設計労務単価」を2月1日から全国全職種平均で4.9%上げ、1万7,704円に改定すると発表しました。引き上げは5年連続。
 建設労働者の実勢賃金が上がる中、公共工事を円滑に実施するため、改定時期を通常の4月から2カ月前倒ししたもの。
 前倒しは2014、15年に続き3回目としています。

こちら、労務単価4.9%上げ 実勢賃金反映、5年連続増 国交省

|

« 「未内定就活生への集中支援2016」を実施 厚労省・文科省・経産省 | トップページ | 2015年12月の完全失業率3.3%、前月と同率 労働力調査 »

国交省」カテゴリの記事